英会話・英語総合教育・English for academic suport
週末だけのインター マリーインターナショナルスクール




私どものカリキュラムを使ってみたいという、団体、学校には出向いていってプレゼンテーションを致します。
お問い合せフォーム、お電話でお問い合せ下さい。









マリーインターナショナルスクール オフィシャルブログ

マリーインターナショナルスクールとは

1.日本人生徒に必要な聞き取りを強くするために理科、算数で教える
  それが『麻布メソッド』です。

日本語は聞く文化、英語は話す文化です。言語文化が違う生徒に、ぺらぺら話すことを強いるより、まずしっかり聞き取れることを目指させます。答えが一つで、見れば内容が把握できる自然科学(算数、理科)は、日本語に置き換えずに、英語をそのまま聞く訓練に最適なのです。

2.生徒が使いたい英語にこだわる
  だから『麻布メソッド』算数や理科で英語を教えます。

学習者は子供です。子供が英語を使う場面、使いたくなる時を考えると、「日常の学校生活や遊びの場」にあるはずだといきつきました。
子ども同士の会話で使われる言葉は、数や時間をはじめとして算数や理科の教科の中に多く含まれています。大人が用意したシチュエーションでは日本人同士でさえ会話をしないのが子供です。

3.子供が楽しめる算数や理科の実験
  『麻布メソッド』を通してモティベーションを高めます。

子供は楽しいものでなければ続けることはできません。ゲームや歌や反復練習だけでは子供は満足しません。大人が考える以上に子供達は知的好奇心が旺盛なのです。
わくわくする実験、何が起きているのか式を見れば分かる算数だからこそ興味をそそられ、学習意欲が長く続くことになります。

4.『麻布メソッド』で英検/TOEFL試験対策
  (英検/TOEFL Jr. 準会場校)

英検、TOEFLジュニア試験をマリースクールで受験できます。8ヶ月学習すれば5級に、2年間で3級、準2級に受かる可能性が出てきます。聞き取りでほぼ満点がえられるからです。

英検資格者は日本では特典になることはもちろん、英語を学習しても使う場面が少ない生徒達に、合格証書を手にしてもらいこれだけできるんだという自信を持たせるために実施しております。我々教員の反省材料にも使います。TOEFLは、留学には必要ですし、TOEFLジュニアもとても役に立ちます。

マリースクールが選ばれる5つの理由


    

    

    


講師は全て、インターや学校教師経験を持っています。
それでも,理科や算数を通して、英語を教えるので、「少人数制」にこだわります。
 
理科は、生徒の興味や好奇心を呼び起こし、そこで覚えた英語はそのまま身に付きます。覚える英語ではなく、使える英語を目指しています。
初心者であっても、毎回理科の簡単な実験を経験します。カリキュラムは講師が開発した教科書を使いマリー独自のものです
 
夏期講習や冬期講習も行います。
イギリスキャンプでは、野外で理科キャンプ。現地のガイドも全て英語のみ。生徒はロッククライミングをしたり、沢登りをしたりして、自然やその国の文化,自然な英語を肌で感じさせました。
 
私立桐光学園「幼稚園」でもマリーのカリキュラムが導入されました。
毎回、楽しい授業が展開されています。5歳児さんを引きつけられるカリキュラムと熱心な先生方が揃っています。

    

    

    


何と言っても生徒を愛し、日本の英語環境を理解してくれる優しい外国人講師陣が根気よくていねいに教えます。
時には、自分の得意分野で英語を教える事も。 音楽の授業です。大きい生徒には,英語でギターも教えます。
 
理科や算数で,英語を教えるのはそんなに簡単な事ではありません。
そこで,教師全員で知恵や経験や出し合い,念願の教科書が出来上がりました。初級者用ですが、これを2年間みっちりやれば,3年目からは、学年の算数・理科が学習できます。(特許出願中です。)詳しくは、別ページをご覧下さい。
 
必ず,年に3回はご父兄も呼び、プレゼンテーションを行います。生徒が自分のやってみたい実験をして,英語で結果を発表します。
覚えたものを読むだけではなく、全員が自分の英語で発表します
 
授業内容と宿題は毎回、生徒に書かせます。お小さい方のみリンクでお送りします。
その日に習った新しい単語の練習、ワークシート、文を覚えるなどが宿題です。宿題をするかどうかで進度が大きく違います。
欧米で使われているカリキュラムを基に日本人生徒の英語学習のためにマリースクール独自の教科書(理科と算数)を4年間かけて開発しました。その教科書が基本学習となり、やがては欧米で使われている教科書を使っての学習に移行していきます。
マリーは英検準会場認定校です。2級までの英検を受けることも可能です。
英検を取得できればその後の進学にも有利です。
TOEFL ジュニアー受験会場です。
講師達は皆子供が大好き!アットホームな雰囲気の中、伸び伸びと英語を学べます。
一番人気のあるアクティビティはスナックタイム。すべての学年の生徒や講師があつまって気軽にスナックを食べるのは生徒たちにとって大事なコミュニケーションの時間です。また授業だけでなく、ハロウィン・クリスマス会などの季節のイベントなどを通じて楽しく海外の文化と触れ合えます。
校長のマリー ヴェジーナは20年間、西町インターナショナルスクールで教鞭をとっており、また、フランスはもちろん、アフリカ、カナダなど色々な国に在住しています。
マリーをはじめ、講師達の世界中に広がるネットワークをバックグラウンドに留学をご希望の生徒さんには留学に関しての相談、留学先の紹介も可能です。

マリーインターナショナルスクールとは

2007年

西町インターナショナルスクールの教員3名で「週末だけのインターナショナルスクール」スタート。

2011年

  • ベッキー先生が、日本テレビ、土曜日午後8時からの人気番組 『世界一受けたい授業に』に1年間出演
  • 熊本,芦北で地元、熊本のお子さん,東京の生徒、総勢30人で『マリーの英語で理科キャンプ」を開催。
    熊本日日新聞に掲載される。
  • 埼玉県八潮市の市民祭りで、「英語で理科フェアー」を開催。好評を博す。

2012年

熊本で2回目の「マリースクール、英語で理科クラス」を開催。
熊本日日新聞に大きく掲載される。

2013年

イギリス湖水地方で「マリーのイギリス理科キャンプ」を開催。

2014年

川崎市『桐光学園」の幼稚園部で「マリーの英語で理科、算数」のカリキュラムが取り入れられる。
年長さんのクラスでスタート。120人以上の生徒さんが英語で理科や算数を楽しんでいます。

2014年

11月25日マリーのサイエンスフェア大成功。熊本県の副知事が視察にお見えになりました。
毎回楽しい教材を提供して下さる学校教材販売の専門店スクールエキスプレスの太田様も熱心にご覧になりました。